menu

お知らせ

ベトナム現地面接へ

2017年8月30日

6月に続いて今回で数回目の渡航面接では3企業様のご参加となりました。

今回の選抜企業様は箱根に近く、創業約50年と続く工場溶接の由緒ある企業様。

現在他国から技能実習生を受入れており、ベトナム人は明るく元気で活発。

関連企業様からの評判も良いなどと聞かれており今回ベトナム人技能実習生の受入れを

決意され現地面接となりました。

内1社は横浜市内にある建設土木会社。

官公庁(水道・下水配管工事)が主な企業様で元請けとしてされているので信用も大きいです。

専務ご自身が若い方で思考や発想が豊富。

今回受入れに至った経緯は、現在ベトナムは世界ナンバーワンの親日国であり

今後母国で我が国の技術を大きく伝えていって欲しい。

その為にも弊社から巣立って自立していく実習生を育てたいとの思いで今回受入れを

ご決断いただきました。

内1社は東京都内の建設土木会社

代表取締役が女性と珍しい企業様ですが、社長ご自身は以前より技能実習生にご興味がありましたが

お話しを聞く機会もなく今までこられているようです。

今回は他社で技能実習をおこなっている姿を見て、との影響もあり外国人実習生は自分や家族の為に良く頑張る

事を聞かれており、「頑張る子達は応援し今後日本や母国で大いに活躍していってほしい」と社長から仰っていただき

受入をご決断されました。

現地では各企業様独自の試験を取り入れ単純作業から多少難易度の高い試験をおこないました。

結果、企業様にご満足いただける事となりました。

合間現地の現場や工場も訪問し「ベトナムの様子」など触れることができたとご満悦いただきました。